はじめに

バンドでよくみる構成は、3ピース、4ピースといわれるタイプ。
ヴォーカル・ギター・ベース・ドラム・キーボードなどから、自分達の好みに合わせて構成していきます。
初めてバンドをやろう!と思った際、パートにこだわりすぎると、なかなかメンバーが揃わないことも多いです。

もしも、ある程度気の合う仲間であれば、楽器にこだわらず、手近な範囲で活動することも、バンドを結成する方法です。

メンバー募集


【ポイント1】バンド構成にこだわらない

バンドメンバーを募集する際は、パート別に募集をするものです。

例 キーボード募集

  ドラム募集 など

しかし、既に何かの楽器を演奏しているひとのなかには、他の楽器も演奏できる人も多くいます。
メンバー候補に上がっているなら、パートにこだわりすぎず、演奏できる楽器でチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

【ポイント2】助っ人を呼ぶ

どうしても見つからない!でも、このパートは絶対に欲しい!
そんな時は、正式メンバーとしてではなくても、助っ人を呼びましょう。
また、曲によってキーボード欲しいけど、今回だけ欲しいという時も有効な手段ですね。

【ポイント3】欠員が居ても

楽器の何かが欠けていても、思い切ってバンドとしてスタートするのも方法です。

まずは、自分以外の誰かと一緒に演奏を楽しむ事が大切!


【ポイント4】ライブをやってみよう!

持ち曲が少なくても、合わせる事になれてきたらステージにも立ってみよう!
ドキドキ感もさることながら、たぎる思いを音にのせて演奏する楽しみは、スタジオでは感じる事の出来ない、素晴らしい経験となるでしょう。